バンパー 擦り傷 修理

擦り傷のついたバンパーを自分で修理するには

運転しているとバンパーは全く見えないので、ぶつけてしまうことが多い部分です。そもそも自動車を守るためにあるのだから、少しくらい傷がついても気にすることはないと考えることができるのなら良いのですが、バンパーは車体と同色となってもはや一体化しています。従ってちょっとした擦り傷でも、車体そのものに傷がつくのと同じくらいショックなものです。しかも、車体の塗装とは異なり、擦り傷を作ると中の黒い樹脂が顔を出し、とても見栄えが悪くなります。そのまま放置していても、走行上は全く問題ないのですが、しかしそのままだとかっこ悪いので、できることなら何とか修理したいものです。費用を抑えるためには自分で修理するのも手です。プロのように完璧とはいきませんが、頑張ればパッと見たぐらいではわからない程度には修復することはできるかもしれません。

DIYで傷を目立たなくさせる方法

バンパーの擦り傷でやっかいなのは、樹脂がさかむけてしまうことです。まずはこのさかむけた樹脂を綺麗にする必要があります。大きなものははさみやカッターで切り取り、その後は粗目の紙やすりで丁寧に削っていきます。段差ができたりざらざらとしてしまいますが、この段階では気にしません。次に、パテを持っていきます。パテの役割はこの段差を埋めていくことにあります。多少盛り上がる程度までパテを持った後、乾くのを待ちます。乾いた後は、やはり紙やすりで丁寧に均していきます。最後に塗装です。周囲に塗装が付かないようにマスキングテープを貼ってあと塗装をしていきます。最初はプライマーを塗り、次にカラーそして最後にクリアーを塗っていきます。マスキングテープを剥がすと、段差ができているのでコンパウンドで磨いて完成です。

自分でできない場合は無理をせず

バンパーの擦り傷の修理は、DIYでもうまくいけばそれなりに目立たない程度まで回復させることはできるでしょう。しかし失敗すると、より傷を目立たせてしまう可能性もあります。何の経験もない素人が簡単にできるものではないのです。ただ、ある程度傷を隠すことができれば良いという方は、チャレンジしてみる価値はあります。修理道具はホームセンターやカー用品店にいけば揃えることができます。自分でするのは不安と言う人は、板金塗装工場に持っていきプロの職人にお任せするのが良いでしょう。費用はかかりますが、傷があったことがわからなくなるくらい綺麗になります。傷の大きさによっては新品や中古を探してきてそっくり交換してしまうこともあります。中古であれば安いので負担を抑えることができます。